【転売機能】転売機能はかなりイイ

わたしがいつも使っているハイロ―オーストラリアには、転売という機能があります。

 

FXをやっている方ならピンとくるかもしれませんが、

損益が発生しているときは【ロスカット】

利益が発生しているときは【テイクプロフィット】

損切と利確が自分でできるということです。

 

バイナリ-オプションは、判定時間が決まっていて、そこで勝ってペイアウト1.8倍や、負けてペイアウト0円ということが決まります。

 

しかし、この転売機能を使うと

負けていて、このままだとペイアウトが0円になりそうという時は【少ない損失額で払い戻される】

勝っているけれど、この後の動きが微妙だ…という時は【早めに利益を確定して1.2倍や1.4倍などで払い戻される】

といったことが出来ます。

 

例えば、10,000円でエントリーしたとします。

5分後の判定で負けがほぼ確定しているときに、そのまま待つと0円になる可能性が高いですが、

途中で転売機能を使うと、ペイアウト0.5倍や0.2倍での払い戻しができるので

5,000や2,000の払い戻しを受けられます。

 

そうすることで、本来ならば10,000の損が出るところを

5,000や8,000の損で抑えることができます。

 

リスク回避のために、なるべく転売は利用した方がイイです。

 

もしかしたら戻って勝つかも…!?

なんて思うことがありますが、そういった場合ほとんど戻りません。

 

負けて0円より、転売して少しでも元手を回収した方が賢いです。

また、利益確定も早くできます。

 

これは、今は勝っているが、もしかしたら逆に動いて負けたり、微妙な感じになるかもしれない…

とった時に使えます。

 

勝てばペイアウトは1.8倍などの場合でも、コンマ1でも低ければ負けでペイアウトは0です。

 

そのリスクを撮るよりも、勝っている段階でペイアウト1.2倍や1.5倍で転売する方が確実に利益が確保できます。

この転売は他にもロジックと組み合わせて使えたりするのでお勧めです。

 

 欲に負けてなかなか初めは使えないとは思いますが、これをつかえるようになったトレーダーは強いです。

 

ただし。60秒トレードでは転売はできません。

3分以降のトレードであれば、締め切り1~2分前までに転売が行えます。

(取引時間によって変わります)

 

なので、バイナリ-オプションにまだ慣れていない場合や、なるべくリスクを取りたくない方は、5分取引や15分取引でトレードするといいでしょう。

 

とにかく、負けそうな時はしっかりと転売をして損失を抑えるようにしましょう。

Copyright© 初心者のためのバイナリーオプション , 2020 All Rights Reserved.